転職支援サイトDODAとハローワークどっちが就職しやすいのか


DODAとハローワークはどっちが就職しやすいの?

DODAとハローワークはどっちが就職しやすいの?

転職支援サイトDODAと公共職業安定所である
ハローワークの違いに悩んでいる方が多いのは事実。
多くの方がこの質問をされています。
改めて違いについて整理していきましょう。
その整理ができることで、より的を絞った転職が
可能になります。

 

 

転職支援サイトDODAとハローワークは本質的には
同じです。
企業からの求人を扱い、DODAは民間企業としての
利益追求のため、ハローワークは国の職業安定
という目的のために就職、転職支援を行います。
大きな違いは取り扱っている求人の質と、
支援サービスの質です。

 

 

ハローワークの求人は、主に地元企業や中小企業、
零細企業に絞られます。
あまり質の高い求人であるとはいえません。
また、サービスは国の施策にのっとり行われます。
ただし、公共サービスですので、DODAでは行わない
公的な手続き、例えば失業保険とか職業訓練などが
ありますので、失業したら、一度は訪れるところです。

 

 

それに対してDODAは優良企業や大企業などの求人を
中心に扱っています。
企業側の内情や採用の際につけておく知識、準備、
面接のテクニックなどを教えてくれます。

 

 

また、ハローワークのように、仕事の情報は
公開しますから自分で探してください…
というだけでなく、DODAではそれに加えて非公開求人の
紹介やスカウトメールなど企業からの求人メールなども
届きます。

 

 

登録するだけで、自分に情報が来るシステムもあるのです。
どちらも活用…というより、失業したらハローワークで
手続きをとり、DODAでは転職先を探すという使い方が
一般的ですね。

顧客満足度ランキング